髪の毛の健康と美しさを保つためには、地肌の瑞々しさも大切です。

では、どのようなケアが必要なのでしょうか?


まず、髪の毛を洗う時には、よく泡立てることが大切です。

そして、髪の毛ではなく、頭皮をしっかりと洗いましょう。このとき、指の腹でマッサージするように優しく洗うのがポイントです。

そもそも、抜け毛の原因は、皮脂やホコリなどの汚れが毛穴に詰まることにあります。

また、皮脂が微生物によって分解され、刺激物質へと変わることにもよります。

ですから、皮脂などの汚れを取り除き、頭髪を清潔に保つ必要があるのです。

さらに、毛髪の新陳代謝を高めることも大切で、マッサージによって頭皮の血流アップを促すことができます。


ヘアケアといえば、シャンプー後のケアも大切です。特に、髪の毛を乾かすときには注意しましょう。

髪の毛は、水分を含んで膨張した状態だと、ドライヤーの熱でキューティクルが傷んでしまいます。

ドライヤーをかける前には、タオルなどで十分に水分を拭き取るようにしましょう。


なおヘアケアでは、頭髪を清潔に保つことや毛根の新陳代謝を高めることの他にも、髪に水分と油分を補給することが大切です。

しっとりした仕上がりのシャンプーを使ったり、シャンプー後はリンスやトリートメントをきちんと行ったりしましょう。

また、育毛剤、ヘアコート剤、ヘアクリームで、髪の表面を保護することもお勧めです。

特にアロエエキスを配合したアロエ 育毛液が肌の刺激が皆無でおすすめです。

毛髪の健康維持にとって、紫外線と乾燥は大敵です。

また、汗や皮脂なども、髪トラブルの原因となります。

つまり、春から夏にかけてが、要注意のシーズンというわけです。


特に、夏場のプールや海で髪の濡れた状態は危険です。

紫外線の悪影響は、水と一緒になった時に強く現れるからです。

髪が濡れた状態で、紫外線を長時間浴びないように心掛けましょう。

また、日常生活でも、帽子や日傘などで紫外線の浴びる量をカットした方がいいです。


夏場といえば、エアコンの効いた部屋で長時間過ごす方も少なくないです。

エアコンは、想像以上に空気を乾燥させます。

そして髪の毛は、乾燥により水分を奪われ、キューティクルが剥がれやすくなります。

枝毛や切れ毛の原因となるので、適切なケアが必要です。


キューティクルが痛む原因としては、乾燥や紫外線以外にもあります。

乱暴なシャンプー,無理なブラッシング,ドライヤーの熱などの物理的な刺激,パーマやヘアカラーなどの薬液です。

抜け毛を減らし育毛対策を考えるなら、これら原因を少しでも減らす努力が大切です。


なおキューティクルは、毛髪の表面にうろこ状に重なったもので、外部の刺激から髪の毛の内側を守っています。

しかし傷つきやすく、一度傷ついたり剥がれたりすると修復ができません。

そのため、通常4~6年ある寿命が短くなってしまい、抜け毛などの髪トラブルを招くのです。

近年では、若い年代でも髪のトラブルに悩む人が多いです。

その原因として、ストレス,偏食,ダイエット,過度のヘアケアなどが挙げられます。


昔と違い、最近では仕事を持つ女性が多いです。

そのため、肉体的にも精神的にもストレスを抱えやすいのです。
自分なりのリラックス法を見つけ、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

また、忙しさのあまり、外食やコンビニ弁当などで済ませてしまう場合も少なくないと言います。
こうした食事は、偏ったものになりやすいので要注意です。バランスのいい食事を心掛けるようにしましょう。


バランスのいい食事を心掛けるうえでは、ダイエットも禁物です。

食事制限のダイエットでは、髪の毛に必要な栄養を十分に補給できずに、抜け毛を招いてしまうからです。

そもそも髪の毛は、すごい勢いで細胞分裂を繰り返し、1日に0.4mmも伸びています。そんな早いスピードで成長する細胞は他にはありません。

ですから、健康な髪の毛を育てるためにも、食事制限のダイエットは控えましょう。


さらに、ヘアケアにも気を付ける必要があります。

特に、アンチエイジングを意識しすぎている人は要注意です。
様々な製品を使い過ぎる傾向にあるからです。

ヘアケアで大切なのは、自分に合ったものを適切に使うことです。

また、シャンプーをしたら必ずトリートメントをすることも大切です。
年齢とともに頭皮の脂の分泌量が減少するからです。

近年では薄毛に悩む人が多いですが、性別を問わず増加しています。

そして男性と女性では、若干、原因も違っているようです。

男性の場合、食生活の乱れやストレスといった生活習慣によるもの,病的なものの他に、遺伝的要素が強いです。

それに対して女性は、ホルモンバランスの乱れが大きく、遺伝的要素は少ないです。


女性は更年期に差し掛かると、ホルモンバランスが大きく崩れます。

また、早い方だと、30代や40代頃から少しずつ崩れ始めていきます。

ホルモンバランスが乱れると抜け毛や白髪などの髪トラブルを引き起こすわけですが、実際、老齢の女性の多くが何かしらの悩みを抱えています。

また、最近では、30代や40代といった年代でも悩んでいる人が増加しています。


若い時から髪のトラブルに悩む方が増加している背景には、ホルモンバランスの乱れの他に、ストレス,偏食,ダイエット,過度のヘアケアがあります。

ホルモンバランスの乱れは生理的なものなので仕方ありませんが、他は自分の心掛け次第で解消できます。

抜け毛や白髪などを予防するためにも、ストレスを溜めこまないこと,バランスのいい食事を摂ること,適切なヘアケアを心掛けましょう。

髪の毛にいいものとして、黒い食べ物や微量ミネラルということをよく耳します。

そして、抜け毛に悩む人の中には、これらの食材だけを食べれば育毛が成功すると勘違いしている方もいるかもしれません。

確かに、亜鉛というミネラルは、新しい細胞を作ったり,早く傷を治す働きをサポートしてくれます。髪の毛にも良さそうな成分です。

しかし、1つの食材さえ食べれば髪の毛が育つわけではありません。総合的に、様々な栄養素を摂ることも大切です。


また、様々な食材を食べた方がいいといっても、高カロリーな食事は控えるべきです。

肉やファーストフードではなく、野菜,魚,貝,豆,海草,など、不足しがちな食材を積極的に食べるように心掛けてください。

和食だと、季節の食材も味わえるし、バランスも良いのでお勧めです。


なお亜鉛は、貝類やナッツ類や豆類に含まれています。

不足すると味覚障害を発症し、味に鈍感になってしまいます。

現在人の食生活では不足しやすい栄養素の1つなので、髪の毛のためだけでなく、健康維持のためにも積極的に摂取しましょう。

抜け毛や薄毛の原因として、欧米化した食事が考えられています。

現在では薄毛に悩む人が増加していますが、そもそも昔の日本では欧米と比べて薄毛が少なかったからです。

昔の日本人の食事といえば、野菜や魚が中心の和食が基本でした。

しかし欧米文化の普及とともに、ファーストフードや高カロリーな料理やお菓子などが溶け込んでいきました。

ハンバーガー,脂身の多いお肉,クッキーやチョコレート,など、大好物で毎日食べているという方も多いことでしょう。


ではなぜ、欧米化した食事が抜け毛や薄毛を招くのでしょうか?

脂肪分の多い食事を続けていると、皮脂腺が広がります。そして、それに伴って、毛穴も大きく開いてしまうのです。

こうして広口のつぼ状になった毛穴では、髪の毛が生えてきてもしっかりと根を張ることができません。
そのため、細くて弱々しい髪の毛になり、ほんの少しの刺激でも抜け落ちてしまうのです。


ですから、丈夫な髪の毛を育てるためにも、昔ながらの野菜や魚が中心の食事を心掛けるようにしましょう。

薄毛になる主な原因は老化です。
毛の生産の全てを担う毛包幹細胞の数が減少したり、ホルモンの体内産生が減少することで、髪の毛が細くなってしまうのです。

老化が原因だと対処の仕様がないように思えますが、老化を遅らせることは可能です。
では、どのようなケアをすればいいのでしょうか?


健康な髪を保つために必要なケアは、主に3つあります。

1つは、栄養面に気を付けることです。
特に、牛乳や肉などに含まれる含硫アミノ酸は、髪の毛を作るのに必要な栄養成分です。
また、髪の毛を作るホルモンの産生は栄養状態に大きく左右されます。バランスよく食事を摂ることも大切です。

2つ目は、頭皮をマッサージして血流を良くすることです。
栄養が隅々まで行き渡り、元気な髪が生えてくるのをサポートしてくれます。

3つ目は、頭皮の炎症を抑えることです。
頭皮の環境が悪いと、酸素の補給が十分に行われなくなり、抜け毛を招きます。
自分に合ったシャンプーを使用して、頭皮をいつも清潔に保つようにしましょう。

なお、シャンプーは、髪ではなく頭皮に合わせて選びます。
また、刺激の強いものではなく、適度に皮脂を取り除くものを選ぶことも大切です。
洗髪後に頭皮を触ると、柔らかいと感じるシャンプーがお勧めです。


これら3つのポイントを押さえたうえで、育毛剤の使用なども並行して行うとなおいいでしょう。

民間療法の中にも、実際に薄毛が改善した例もみられます。頭髪にいいものはどんどん試してみてください。

そして自分に合った方法を見つけることが、育毛促進のカギとなります。

毛母細胞の働きの低下が、抜け毛の直接的な原因と言われています。
抜け毛を解消し育毛を成功させるには、毛母細胞の働きを高める必要があるということです。

毛母細胞の働きを高める方法の1つとして、髪の毛に良い栄養の摂取があります。
しかし、栄養を摂取するだけでは不十分で、補給した栄養を毛母細胞まで届ける必要があります。

つまり、毛母細胞の働きを高める方法として、頭皮の血流促進も大切なのです。


頭皮の血流促進には、養毛剤の使用やマッサージが効果的です。

市販されている養毛剤の多くが、頭皮の血流促進を目的としているので、使用感のいいものを半年ほど使い続けてみてください。

頭皮マッサージは、指の腹を使って軽くもむ程度で大丈夫です。
力を入れすぎると、かえって頭皮を傷つけて脱毛を進行させることになるので気を付けてください。
また、肩や首のコリをほぐすのもお勧めです。

さらに、生活リズムを整えたり、リラックスすることも大切です。
十分に睡眠を取って、ストレスを溜めこまないように努力しましょう。


なお、抜け毛の原因として、皮膚炎や糖尿病や甲状腺機能の異常などによる場合があります。

バランスのいい食事や血行促進を心掛けていてもなかなか効果がみられない場合には、一度病院で検査することをお勧めします。

抜け毛や育毛に深く関係しているのが、毛母細胞の働きです。

毛母細胞は、髪の毛を作る役割を果たす働きがあります。
正常に働いているときには育毛を促進するわけですが、何らかの原因で働きが低下すると抜け毛を増加させてしまいます。

毛母細胞の働きが低下する原因としては、加齢によって細胞自体が弱くなること,乱れた食生活,ストレス,頭皮トラブル,生活習慣病,男性ホルモンの強い作用が挙げられます。

抜け毛を解消し薄毛を改善するには、これら原因を取り除き、毛母細胞の働きを高める必要があるわけです。


毛母細胞の働きを高める方法の1つとして、栄養の摂取が大切です。
栄養バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

髪に必要な栄養素としては、タンパク質やミネラルやビタミンなどです。

タンパク質は、卵や大豆などがお勧めで、良質なものを摂るようにします。
卵は生でも加熱でも良く、大豆も豆腐や納豆などどのような形のものでも構いません。

亜鉛などのミネラル類やビタミン類の摂取には、緑黄色野菜や海草や小魚などがお勧めです。

もちろん、これ以外の栄養素も健康な頭髪のために必要です。
好き嫌いを言わず、いろいろな食材を口にするようにしてください。